診療日カレンダー

月水金は20時まで、火木土は18時まで

2022年07月
     
1
休診日
2
3
休診日
4
5
6
7
8
9
矯正
10
休診日
11
12
13
14
15
16
17
休診日
18
休診日
19
20
21
22
矯正
23
24
特別診療
25
26
27
28
29
30
2022年08月
 
1
2
3
4
5
6
7
休診日
8
9
10
11
休診日
12
13
矯正
14
休診日
15
休診日
16
休診日
17
休診日
18
休診日
19
休診日
20
矯正
21
特別診療
22
23
24
25
26
27
28
休診日
29
30
31
   
18時まで 20時まで
休診日 午前休診 矯正の日 特別診療

お知らせ

2022年5月21日

6月の診療時間変更のお知らせ

6月29日(水)は18:00までの診療になります。

よろしくお願いします。


2022年5月21日

6月の診療時間変更のお知らせ

6月12日(日)は13:30まで診療を行います。

よろしくお願いします。


2022年5月2日

5月の診療時間変更のお知らせ

5月15日(日)は13:30まで診療を行います。

よろしくお願いします。


2022年4月2日

4月の診療時間変更のお知らせ

4月17日(日)は13:30まで診療を行います。

よろしくお願いします。


2022年4月2日

4月の診療時間変更のお知らせ

4月6日(水)は18:30までの診療になります。

よろしくお願いします。


2022年3月31日

2022年4月より、診療時間が変わります。

月水金;20時まで、火木土;18時までとなります。

 

 


2022年3月29日

2022年4月より、日曜・祝日が定休日となります。

営業時間についても変更がございます。ご確認のほど、よろしくお願い致します。


訪問歯科

訪問診療は、通院困難な全ての方にご利用いただけます。

稲城歯科では、上記以外にも虫歯治療や定期的な予防ケアをはじめ、より専門的な治療を行っております。

  • ご高齢やご病気のため
    通院が困難なかた

  • ご家族の歯の状態が
    気になるかた

  • 障碍をおもちのお子さま
    療育や支援をご利用のかた

  • 歯科診療が不安なかた

ご病気の内容や、年齢は一切問いません。
出張費や交通費は、一切かかりません。

医療保険・介護保険・各種医療証適用可
お問合せは以下よりお気軽に!

  • お電話

    お気軽にお電話ください。 折り返しご説明のお電話を差し上げます。

    訪問歯科部直通

    042-401-6480

    訪問歯科スタッフ直通

    080-7371-6480
  • LINE

    診療を受ける方の
    氏名・住所・電話番号・生年月日
    を以下までご送信ください。
    後ほどご返信いたします。

  • FAX

    以下の用紙に必要事項をご記入の上、 FAXを送信ください。

訪問可能エリア

稲城市全域のほか当院を中心に主に8km圏内のエリアが訪問可能エリアです。
府中市、調布市、川崎市、町田市、三鷹市、小金井市は一部地域のみ対応しています。
お気軽にお問い合わせください。

当院の訪問歯科でできること

  • ①むし歯治療・入れ歯制作・口腔ケアなど一通りの治療が可能です。

  • ②抜歯等、観血的処置が必要な場合も、主治医と連携をとって、無理のない診療を行います。

  • 提携医療機関

    多摩南部地域病院・新百合ヶ丘総合病院・島田療育センター・都立小児総合医療センター・都立心身障害者口腔保健センター

  • ③障碍をお持ちのお子さまから高齢の方まで、摂食嚥下や食形態の指導も行います。

    当院訪問医は、島田療育センター障害者歯科指導医の指導の下、障害者歯科の研修を積んでおります。

  • ④誤嚥の可能性がある方には、専門医による嚥下機能評価を致します。

    誤嚥を危惧して経口摂取を止めている方、再開したい方、胃ろうはあるが摂食も気になる方、ご相談ください。

ご本人様・ご家族様へ

  • まずは訪問可能エリアをご確認ください。

    当院までご連絡ください。

    ご連絡方法

    以下の内容をお聞きし、訪問日時を決定します。

    • ・氏名・住所・電話番号・生年月日・現在の状況
    • ・訪問可能な曜日や時間帯

    訪問診療スタート

    • ・診療時間は30分前後です。
    • ・水道・電源をお借りします。
    • ・スタッフ2~3名で、車で伺います。

看護・介護関係者様へ

昨今の状況下、看護や介護を受けている方の多くに「歯科健診をしばらく受けていない」方が多数みられます。

当院訪問医は、有病者・障碍者歯科研修を受けております。また、重度心身障碍児・医療的ケア児の口腔ケアや、嚥下訓練等も行っております。ぜひ、健診を受けていただき、状況の把握をお勧めします。

近年、誤嚥性肺炎患者の喀痰検査をすると6割が口腔内細菌であり、口腔ケアにより細菌を減らすこと、活性をコントロールすることは、非常に有用と考えられています。 また見落としがちなのは、「経口摂取していないので、汚れていない」という誤解です。摂食していないと唾液の分泌が減り、かえって自浄作用は低下し、細菌は増加します。
お口は食物だけでなく、細菌の入口でもあります。開口状態が続くとお口の乾燥が進み、咽頭部に喀痰が定着してしまうことがあります。定期的な口腔内診査をぜひお勧めします。

歯科治療や口腔ケアだけが訪問歯科ではありません。

嚥下機能は実際に食物や唾液を飲み込むことでしか、機能を維持・向上することはできません。
『肺炎をおこしてしまったから経口摂取はやめておこう』と安易に判断せず、誤嚥の原因をしっかり見極めて、ご本人にあった安全な摂食嚥下についても、ご相談ください。

またお子さまで障碍等お持ちの方も、「食べるのが早い」、「食の範囲が広がらない」、「食事の量が十分摂取できていないのではないか」「本人の理解が得られず、小さいときから歯ブラシできていない」など、ご両親のお悩みもご相談頂けます。

また、定期的にご利用者様の口腔管理を訪問歯科に任せていただくことで、スタッフの方の業務を円滑にしていくことができます。おひとりおひとりにあった口腔ケアを指導致します。

病院・施設の方へ

噛めない→食形態を下げる、のではなく、その方にあった咀嚼機能の維持回復を。 本来可能な食事を摂取できるということが、退院後や自宅介護となった際にも非常に有効になります。

ご入院・ご入所の患者様で、ケア上、入れ歯を外したままお過ごしになる方もいらっしゃるかと思います。 その結果、噛めない→食形態を下げる、のではなく、その方にあった咀嚼機能の維持回復により、その方が本来可能な食事を摂取できるということが、退院後や自宅介護となった際にも非常に有効にになります。 また、業務内容の効率化として、訪問歯科による口腔ケアもぜひご活用下さい。 おひとりおひとりにあった口腔ケア方法の提案や、院内研修・勉強会などもぜひ依頼ください。